So-net無料ブログ作成
アニメ・特撮 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

春の新作4 [アニメ・特撮]

ぼくらの
最初見たときは「中2病?マジこういうの勘弁」と思ってました。
けど見てくとこれがなかなかおもしろいんすわ。
ロボットを動かした人間はその後必ず死ぬっていう設定は実に良い。
1話見たときはあまりの登場人物の多さに視聴停止しようかと思いましたが、次の話で早速1人死にました。
こうやっていくと1人1人にスポットを当てやすいですわな、なんかVガンダムのシュラク隊思い出しました。
彼女たちもスポットが当たると死ぬというパターンだったので、ビデオ屋でバイトしてるときパートナーと一緒に見てましたが、シュラク隊にスポット当たってある音楽が流れると(この音楽忘れました、サントラ聴いてもどれか分からん)「あぁ、ボチボチシュラク隊死にますね」なんて話してました。
話は脱線しましたが主人公たちは中学生なんですが、「オレは地球を守って死にたい」みたいなこと言うやつもいるんですが、さすがにこれはムリがあるんじゃないかと。
ただの中学生がそんな達観した考えしてたら僕はイヤです。というかぶん殴ります。お前は何様だと
そういう細かいことが気になりますがなかなかの高評価作品ではあります。
まだ始まったばかりなので、これからどういう風に話が進んでいくかが非常に楽しみな作品です。


オタクになるかどうかは中学生以下でほぼ決定? [アニメ・特撮]

http://animeanime.jp/news/archives/2007/05/530_2.html
http://japan.internet.com/wmnews/20070530/4.html
かなりおもしろい結果だと思います
けどこれ重要なのは地域だと思うわけですよ。
首都圏がほぼ半数を占めてる統計のため、中学生ぐらいにオタクに目覚めると言われても、今現在静岡と首都圏の今クールの新作の放送数を比べるとかなり少ない。
その上放送も10週遅れもザラという状況ではアニメオタクは生まれづらいんじゃないかと思うわけです。
おそらくこの調査を首都圏とその他の地域で比べたら、自分がオタクだと思うという人の数はもっと少なくなるでしょう。
まあ結局オタクやるのも何すんのも首都圏に行かなきゃダメってことですわ。


春の新作3 [アニメ・特撮]

ながされて藍蘭島
今クールで私の評価で最低な作品。
正直書くこともなないが、一応春の新作という事でとりあげました。
話はごく平凡な美少女アニメ。「ラブひな」状況になった主人公。周りの女の子たちはみんな主人公を狙うというあまりにもベタな展開です。
ラブひなの場合はそういう分野のパイオニア的作品だったためありだったが、すでに踏み固められた道なだけに「何故今頃アニメ化?」という疑問が生じます。
美少女アニメにしても何かしらの冒険や設定を用いたアニメならまだしも、コピーに次ぐコピーで評価する気にもならないです。
見るに値するのはすずのおっぱいだけか。


春の新作2 [アニメ・特撮]

天元突破グレンラガン
4話の作画を巡って色々あった作品ですね。
私はスカパーで見てるんで、リアルタイムでその回は見れませんでした。
先週その回を見ましたが明らかにおかしいとは思いました。
ただ、これはわざとやったものなのか、それともただの作画崩壊なのかは分かりませんが確かに変なのは変でした。
さて本題の感想ですが結構好きですね。
話は典型的なロボットアニメ。主人公は引っ込み思案な少年、パートナーは頼れるアニキ分。そしてそれを固める脇役がいるというのはむしろ懐かしい感覚すらある。
話の流れもベタな進み方なのでワクワク感は少々足りないところもあるが、まだ始まったばかりなのでそこをどうしていくかが楽しみです。
ただ第5話「俺にはさっぱり判らねえ!」は非常にいい作品でした。
ほぼ全編を暗い地下での話のため画面は薄暗く、分かり合うことのできない2人の関係を表現するのに効果的な演出でした。
司祭の言い分、カミナの言い分とも双方理解できるものではあるが、それを理解するにはカミナもロシウも若かったのでしょう。
(実はこんな感じのアニメは前に見た記憶があるのですがどうも思い出せないのです。)

と、こんな感じですね。おそらく1年の作品だと思われるので、これから1年楽しめそうな作品です


春の新作 [アニメ・特撮]

4月の新番組に乗り遅れるのは地方の弱点よね。
ってなわけでスカパーで結構出揃ったので、今更4月の新番組の感想

瀬戸の花嫁
結構好きです。まだ3話しか見てないのですが、燦ちゃんの「任侠と書いて人魚と読む」のセリフはなかなか力がこもってていいですね。
作品自体はただのラブコメなんですが、ありがちと言えばありがち。
極道の娘に惚れられて、それに対して親父が憤るという図式もベタですが、燦ちゃんの広島弁(?)がその極道っぷりを強調します。
アニメにおける方言というのは声優さんの力量が試されると思うのですが、これはクリアしてるかと。
何クールやるかはしれないですが、これは見ていけるかなと思いました。
というかこういうアニメは2クールやる理由があまりないんじゃないかなぁと思うわけです。
話をまとめるというのも監督の技量の一つだと思うので。
しかし、内容自体は萌えアニメではなくラブコメの域なので見てても結構おもしろいので好きです。
ただ敢えて苦言を呈させていただくならばぁー、ちょっとドタバタしすぎで落ち着いて見れないかなと思うのです


アギトの話 [アニメ・特撮]

今スカパーでアギト見てます。
ギルスが非常に悲惨だったのですが、復活してからいい感じ。
アギトとギルス、G3が若干共闘しだしたし、物語も進み始めたし。
けどアナザーアギトは外見が昭和ライダーみたいで結構グロい。
しかも中の人が結構なおっさんだし。

しかもS.I.Cで7月にはG3&G4(詳細不明)が出るらしいし、8月には再販でアナザーアギト&シャイニング&バーニングが出ると。
当時興味なかった人には非常に助かります。
G3はG3-Xもコンパチになるのか?正直G4はいらんけど。
それよりギルスはチン☆⌒ 凵\(\・∀・) まだぁ?
そういやこまつやにアギトがあったけど買おうかな

あとクウガも再販かかるし、リミテッドでクウガ・ライジングフォームが出ると。
こりゃ出費がすごそうだぜ。


エマ視聴終了 [アニメ・特撮]

やっぱ落ち込んだ。
けど、見て良かった作品ではありました。
その時代の雰囲気を感じさせる作品でしたので、見ている側も夢中になれました。
ウィリアムは最後までやっぱり坊ちゃんだたのが残念でしたが。
あとこの作品は音楽。OP/EDは当然ながら、作中の音楽も耳障りが非常に良い。
普通に午後の一息に使えそうな感じの音楽でした。明日アニメイトでザントラ買います。
けど一番はやっぱエレノアが可愛いなぁということですわ


最近のアニメイトは [アニメ・特撮]

ダメやね。
なんか知らんがビニールカバーをやってないわけです。
これははっきり言って迷惑です。やたら高校生とかが立ち読みすんの。
対した額じゃないんだから買ってくれよ。ただでさえ狭い店なんだし。

あともう一つ。
なんで苺ましまろの新刊がない?まさか全部捌けたとは言わさんぞ。
なんでパンプキン・シザーズの6巻がない?1~5巻は山ほどあるのに6巻だけないのはなんで?
ってな感じで浜松のアニメイトはなんかおかしいんですわ。
個人的に本でポイントつくのは他にないからアニメイトで買ってるんです。
わざわざ往復1,000円かけて行ってるんですからお願いしますね


∀ガンダムキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! [アニメ・特撮]

Amazonで頼んどいた∀ガンダムのDVD-BOX1が今日来ました。
∀は私の中で高評価作品なのでBOXはを待ってました。
∀は民族的な演出が多いですが、それを菅野よう子の音楽が上手く支えています
それにこれはロボットアニメというよりは人間ドラマに重きが置かれている作品ですので、1話1話が非常に重要になっています。
前半は1話完結な感じで進んでいくので1日1話な感じで見ていくのもおもしろいです。
まあウィルとテテスの最後なんかは富野の新境地ってな感じで好きです。結構あっさり目な最後なんで。

そういや最近知ったんですが、初代ガンダムでアムロが母親に会いに行く話があるんです。
これ最後はアムロが母親に別れを告げて立ち去るんです。
この時アムロを見送る母親の隣に小さく男が映ってるんですが、この人実は母親の愛人らしいんです。
これを知った時ホントに驚愕しました。
母親はまだ夫であるテム・レイと別れてないんですよ。
けどすでに愛人がいるっていうのは中々考えさせられました。

∀ガンダム MEMORIAL BOX 1

∀ガンダム MEMORIAL BOX 1

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2007/04/25
  • メディア: DVD


∀ガンダム MEMORIAL BOX 2

∀ガンダム MEMORIAL BOX 2

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2007/06/22
  • メディア: DVD


エマ良いね [アニメ・特撮]

アニマックスでエマ第1幕が始まったので見始めました。
これは良い雰囲気です。まずOP、EDの曲が最高に作品と合ってる。
そして本編もゆっくりとウィリアムとエマを描いてるから作品にしっくりとはまる。
まあウィリアムの坊ちゃんぷりが凄いので見てて、ヤレヤレと思うのですが二人のシーンは微笑ましいです。
あとハキムが良い味出してますね。ウィリアムとの比較があるから話を進める上で非常に役立つキャラです。
エマさんにフられた後に、まだ諦めてないと言った時ウィリアムにフられたろと突っ込まれて、「それはあまり問題ではない」というセリフは良いです。
実は最終回だけは昔見たので知ってるんですよ。だからちょっと今の二人を見てるとね。
それと個人的にはエレノアも好きなんですがね。あの謙虚さとすぐ顔を赤らめるのは可愛いです。

このアニメは1回見たら、その後パソコンやりながら見てるんですが、それも良いのです。
言わば環境アニメといえます。

引き続き第2幕もやってください。ホントにお願いします。


前の10件 | 次の10件 アニメ・特撮 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。