So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

AKB48/AKB48 よっしゃぁ~行くぞぉ~! in 西武ドーム ダイジェスト盤(改訂版)


2011年に行われた、AKB48による真夏の祭典の映像作品。
過去に発売されたVHS版をDVDに起こしたため、映像の汚れ、乱れなどは致し方ないところだろう。
とはいうものの、オークションなどではプレミア価格で転売されている作品のDVD化であるため、ファンが諸手を挙げて喜んだのは言うまでもない。更にメンバーの生写真がランダムで封入されているという、ファン心を擽る仕様となっているあたり抜け目のなさを感じさせる。




今回鑑賞したのはこちらのダイジェスト版であるが、まさしくAKB+周辺グループのオールスター編成という感じで、初心者の方にこそご覧いただきたい映像作品だと言える。
多くのファンが、この時期のAKBこそが最高の編成だったというほど、脂が乗り切っている時期であり、ヴァチカンで御前演奏を行ったという逸話まで残されている。

各曲のレビューなどはTOの方にお任せるとして、今回は作品全体の感想を載せていこうと思う。

まず驚くのが、彼女たちのバイタリティの高さだろう。
かなりの激しいダンスを踊りながら全く音程や声量に乱れがなく、まるでCDを聴いているかのような錯覚すら起こさせる。
ヘビーローテーションなどで見られる、コーラスやメンバー間の掛け合いなどは、QueenのSomebody to Loveを彷彿とさせる。
事実、DREAMS COME TRUEの2代目ボーカリストの大島優子は、インタビューで、Freddie Mercuryの歌唱方法を参考にしたと答えている。

AKBを語るうえで外せないのが、、彼女たちの演奏技術だ。
芹那の十八番の泣きギター、あっちゃんのゴリ押しベース、篠田麻里子のオーボエ、板野友美のシタール、W松井によるケーナなど古今東西、和洋折衷といった演奏こそ彼女たちの真骨頂であった。
その中でも特筆すべきは、「AKBの魂」こと高橋みなみによる手数の多いドラミングだ。節の間に無理矢理入れてくるハイハットなどはarti & mestieriのFURIO CHIRICOを参考にしたものだと思われるが、若干二十歳でこのドラミングは凄まじいの一言である。
ただ非常に残念なのが、これらの演奏が全てバックステージで行われているため、映像として残されていない点だ。
おそらくステージの大きさなどの問題があったのだろうが、なぜこのような映像処理をしてしまったのか当時のスタッフのセンスを疑うばかりだ。
確かに、このライブが行われた頃のAKBは「アイドルグループ」であったため、演奏にはそれほど重きが置かれていなかったのは事実であった。
とはいうものの、このライブに参加したメンバーの多くが現在の世界の音楽シーンを引っ張っている現状を見ると、この当時の映像は貴重な資料になっただけに、せめてバックステージにカメラを一台だけでも良かったので、固定しておいて欲しかったものである。

「サセ子」こと指原莉乃がAKBの全楽曲の作曲を行っていたという事実は多くの音楽ファンに衝撃を与えた。
それに伴い、「ポニーテールとシュシュ」のイントロ部分が青山テルマの「そばにいるね」のパクリではないかという問題も、最近更新された指原莉乃のブログでは以下のように書かれている。
あれは私からのSoulJaさんへの挑戦状だったんです。 あのピアノから、こういう展開もあるんだぞ、っていう。 ただこの頃は私が作曲をしていたという事を言えなかったので、多くの方から叩かれてしまったんですけどね(笑) けど、この前SoulJaさんとスタジオでお会いした時に、この事をお話ししたんですが、「僕も分かっていたんですが、あんな挑戦状を叩きつけられたら、僕じゃダンマリを決め込むことしかできないですよ(苦笑)」と仰ってましたけどね。

現在の指原莉乃と言えば、言わずと知れたヒットメーカーであり、近年はLADY GAGAへの楽曲提供やHermeto Pascoalとの共同作品発表など、精力的な活動が目につくが、この頃から非凡な才能を発揮していた事実に驚かされる。

最後にもう一つ語らねばならないことがある。
それは観客のパワーである。
メンバー間のライバル関係がファン同士の喧嘩を生み、更にそれがメンバーに伝わるというスパイラルは、映像で見ているこちらにも吐き気を催すほどの緊張感を与える。
このライブの後に廃人寸前まで追い込まれたTOも多くおり、当時の国会でも何回か問題になったそうである。
ただ、あの混沌の迷宮に迷い込み、尚且つ脱出できた者はあそこは桃源郷だったと話してくれた。
もし、私だったらあのライブを観に行く覚悟があったか、未だに自分自身答えは見つからない

今や音楽業界の大御所と呼ばれるようになった元AKB+周辺のメンバーであるが、このスーパーアイドルグループの活動は後世の音楽業界に多大な影響を与え、未だその栄光は色褪せることなく燦然と輝いている。
しかし、同時に才能のぶつかり合いはグループの寿命を縮めてしまい、AKBは2年後解散してしまう。
今作は、貴重な映像資料であるとともに、誰もが塗り替えることのできない金字塔として永遠に語り継がれるものである。

【AKB48 よっしゃぁ~行くぞぉ~! in西武ドームDVD特設サイト】

大事なとこをカットすると [アニメ・特撮]

一昨日アニマックスで北斗の拳やってたんだけど、レイが死んだ後にレイの総集編の回をやってたのよ
ユダを倒した後にレイがマミヤに遺言残して、小屋の中に入って死ぬのね
問題はそこで放送が終了してるとこでさ。
マミヤの死兆星が消えた件がカットされてんのよ。そりゃおかしいだろって話でね
これじゃレイがマミヤの辱めの敵をとったってだけじゃん。
重要なのはそれによりマミヤの死兆星が消えたってことだから

まあ総集編なんてほとんどが話数稼ぎだからしょうがないかもしれんけど、Vガンダムの「幻覚に踊るウッソ」なんかは総集編+裏の心理状況の解説をえいてある偉大な成功例だと思います

そういえば5年ぐらい前にクラスター・エッジっていうアニメはほとんどの話が総集編だった気が

ホントこのブログ使いにくいわ [報告]

いつの間にかプロフィールの下に広告出たりしてるし
何で勝手にこういう改悪するのかね?
こっちゃ別にアフィる気もポイントも別にいらねえからさ

野球開幕するってさ [野球]

セ、25日開幕へ…“東電エリア”でナイター2試合
まあこれは難しい問題だね。
電力や放射能のこと考えれば延期だし、かと言って興業である以上すでに金は動いてるわけだし。
サッカーや競馬とかは休止しているから余計に目立って叩かれるんだよ
けど清武代表が言うようにプロ野球選手は野球するのが仕事だから、開幕して義援金募るとかは手だとは思う
野球選手なんか球投げて打つ以外何もできないしね。被災地に行ったところでできる事なんかそこらのボランティアと一緒。
野球だって選手だけの問題じゃないからねえ、ホテルも手配済みだろうし、球場には弁当屋も入るし、観客を運ぶ鉄道・バスもね。色んな人に影響があるのが興業だからなぁ。
けどさすがに節電を訴えてる地区でやるのはマズイだろうと思うよ。
鉄道もまともに動かないし、病院なんて人の命預かってるところも影響受けてるから
だからやるんなら当分中日・阪神・広島とかの節電関係ないとこで優先的にやってくべきじゃないかとね

ただセ・リーグは相当な批判は覚悟の上での開幕だろう。
だが選手会はストはやらないと決めるのなら、絶対後でグダグダ言ってはいけない。
決めるのは25日まで。もしその日に試合をするのならその試合に全力を尽くすのみ。
この開幕決断の評価は復興後になされるとは思うが、その評価がどうのようなものであれ球団・選手会はそれを甘んじて受け入れるしかない。

なんかダルビッシュとか宮本辺りは後々文句言いそうw
ホントはやりたくなかったが、周りの選手がとか言って。それは絶対許されないよ

アガレストのエロとかさ [ゲーム]

白濁液集団ぶっかけペロペロ事件、PS3『アガレスト戦記2』がもはや完全にエロゲー
僕はねこういうの大嫌いなんですよ。
エロはいいんだけど、それを家庭用ゲームでやる必要があるのかっていうね。
表現の自由とか言う人もいるけど、自由なら何やってもいいのかって話でね。これなんか完全にエロを意識させてるんだけど、これが本当にこのゲームに必要なのかが甚だ疑問。
必要ならやればいいけど、こういうので本当にエロが必要だとプレイヤーが思ってると開発者は考えてるのかね?
なんか話題集めな感じがして嫌いです

これはアニメの残虐表現にも言えるんですけどね。前も書いたかもしれないけど、首チョンパうあら大量な血とかをモザイクやら表現規制すると怒る人いるけど、そんなに残虐表現見たいか?って思います。
こちらにその事実を認識させればいいわけだから、実際に映像として出さなくても表現方法なんかあるわけじゃん。
それこそ北斗みたいな感じでね。なんかこういうので騒ぐのは制作側の話題集めの作戦な感じがして嫌だね

プログレ三昧がっかりだよ [プログレ]

日曜にNHK-FMでやってたプログレ三昧はがっかりだったね
最後のほうのukでなんでIn The Dead Of Nightをやらんかったり、Tubular Bellsを流さずにPlatinum のlive流したり突っ込みどころ満載の放送だった。
こう書くとベタなものを放送しなかったNHKは偉いとか言う人もいるかと思うけど、PlatinumとかTudor Lodge、Cream、Mars Voltaはプログレ三昧で流すもんじゃないでしょ
三昧を名乗るんなら、誰しもが認めるプログレを流さなきゃおかしいと思うわけよ
今回の収穫は宮殿のライブだけでした。

プログレ熱復活かも [プログレ]

ここ一年ほどJ=POPばっか聴いてたけど、enid聴いたらちょっと聴きなおす気がおきてきた
正直もうプログレのCDなんかも買う気が無くなりかけてたけどちょっと復活かも
すでにほとんどの人が引退やらで活動してないからいつかは頭打ちになるジャンルっていうのは厳しいね
モチベーションを保つのがね
現役だとライブやら新作でワクワクできるけど、解散してると発掘音源とかしかない
そこまで行くと、ショボい音源だし正直作品にも魅力がないものが多い
ただ今は通販もあるしDL音源なんかもあるから比較的手に入りやすいのは助かるけど

夏になると小説読みたくなるの俺だけ?
やっぱyondaやら角川のコーナーができると読みたくなるね
今年は適当に古本屋でなんか読もう

とくになし [報告]

最近近所にエクセルシオールと本屋が合体した店が出来て、そこで週末は茶飲みながら本読んでます。
読むっていっても、ストレンジデイズ、レココレ、ホビジャ、電ホ、ポスト、フライデーとかの週刊誌だけど
ゴーストトリック買ってはじめた。今んとこ7章まできたけどまずまずおもしろいかな
そういやカンダうのが別居したとかで凄い驚いた、結婚式7回だかやっといて別居とか何なんだろう
これからも彼女の動向には注目です
プレデターのりめいくだか新作やるけど、シュワちゃん出てない時点でどうでも良かったけど、友達から見るんだろって電話きた。

スコラ勉強になるわ [報告]

ドラム講座勉強になりました

twitterってさ [報告]

あれって凄いおもしろいもんだんね。
何か書けば誰かが反応してくれるっていうのは、すでに掲示板やらSNSでもあったんだけど、twitterの場合全く関係ない人がそれに対してコメント返してくれるじゃん。
ただあれって何が目的でみんながやってるのか理解できないんだよね
和訳すれば「つぶやき」なんだけど、それって実生活のつぶやきとは違ってさ、誰かのレスを待ってる時点でそれはつぶやきじゃないだろって
つぶやきっていうのは、自分への確認だったり独り言だったりするのに、「やっぱご飯は吉野家にしよう」って一人でつぶやく場合はそれで終わるんだけど、twitterの場合「吉野家よりすき家でしょ」とか「最初は何食べる予定だったの?」なんて返されたらこれはいちいち面倒臭い話だぞってなっちゃう
しかも携帯なんかで見れちゃうから、気軽な「つぶやき」すらできない。誰かのレスに対して全部無言で、自分も誰かのtwitterにレスしなきゃいいんだけど、それじゃ実生活のつぶやきと変わらないわけでさ
結局twitterはつぶやきというよりは新たなコミュニティに近いものなのかなって思うわけ。つぶやいてるつもりでもそれは旧来の掲示板やらSNSと変わらないんだよって思いました。
自分の悩みやら予定なんかをそこで吐露すると、まあネットだと人って強気なもんでさ、やいのやいの自分の考えを言うんだけど、大抵は反対か賛成になってどうでもいいってスタンスが取れない。
それに賛成されれば「やっぱり正しかった」になるし、反対されれば「うるせえ、お前何も分かってねえじゃねえか」って怒るだけで、本当に時間と労力の無駄だと思うよ。
あなたの好きにすればなんて返事はまず出てこないよね。
だいたい悩みをネットで相談する時点ですでに答えは決まってるか、どうでもいい問題なんだよ。
本当に悩んでれば友人や親に相談するでしょ。それが会ったこともないような他人にしてる時点で、それはただの話の種にすぎないんじゃないの

だから俺の思うtwitterの理想ってのは、みんなが言いたいことだけ言って、誰もレスを返さないっていうやつだね。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。